ARTIST

chapeliere sachi - chapeau

梅津幸子 (帽子作家)
作家略歴
成城のアトリエにて帽子創作。


幸子さんは、ご夫婦で本物志向の帽子制作を専門的にされている40年以上のキャリアを持つベテランの帽子創作家です。成城にあるアトリエに伺うと、まるでイタリアのアルチザン、帽子職人アーティストのアトリエのごとく、素材やスタイルがそれぞれに異なるたくさんの帽子、木型などがおかれています。都心の高級百貨店の帽子売り場、銀座や原宿などの帽子店、オーダー制作、著名人のオートクチュール制作など、多岐に渡ってお仕事を受けて制作されています。その中で、ギャラリー向けにも作家名Chapeliere SACHIでの作品を制作して出品していただいております。以前男性用パナマ帽を、ギャラリーのお客様のオーダーで制作頂いた際に、南米からの素材をつかってくださり、まるでイタリア映画に出てきそうな本格的なパナマ帽ができあがってきました。

幸子さんの帽子に出会ってからは、人の一番重要な部分である顔のすぐそばにあり、そして、頭の一番上に帽子をかぶることで、その人を表現することができ、また帽子を変えることによってその人のイメージもガラッと変えることもできる、と感じるようにもなりました。一つ一つ、制作はすべて手作業で、過去に制作されたあらゆるタイプの無数にある型紙が引き出しになり、依頼すれば、恐らく作れない帽子はないそうです。
型に当てながら作り出される帽子はどれもかぶり心地がよく、手作りならではの頭にすっと収まるフィット感。幸子さんの手からは、マジックのように、個性的で、この上なくやわらかいエレガントな曲線の帽子ができあがってきます。

◆ Exhibition info:

<plan to exhibit > 2020年10月23日~「HANAのBAG & Chapeliere SACHI の帽子展」に参画予定。

       

 

キャプリーヌ・ライム 天然素材麻、手染め

 

なぜか懐かしい洋画の女優たちがエレガントな帽子をかぶったシーンやヨーロッパの街並みや情景などが思い起こされ優しい空気が流れます。「ティファニーで朝食を」「マイフェアレディ」「シャレード」など、映画の中のオードリーの帽子姿のシーンが時折、ふっと浮かんでくるのでした。

洋画、特にオードリーヘップバーンがとてもお好きだそうです。たしかに有名な洋画の中には、必ずといってよいほど、名女優男優とすてきな帽子姿のシーンがあります。

帽子制作にむきあうとき、理想とするイメージをえがいて、常に夢を描くように帽子への「浪漫」や「あこがれ」、そんな想いも描きながら重ね合わせるように制作なさり、熟練された技術、経験、デザイン力、技、と感性と一緒に臨場感もって表現され、人にやさしさや楽しさ、おしゃれな夢を与えてくれるような帽子が出来上がってくるのかもしれません。

エレガントな帽子のみならず、ベレーやキャスケット、など、ちょっとボーイッシュな帽子、色、種類、デザイン、リボンなどのあしらい、日々の暮らしのシーンにあわせてつかえる色々なタイプの帽子がどんどんとびだしてきます。

 

        

ツートンクロッシェ リネン100%        ツートンクロッシェ リネン100%

パープル&グレー                  ベージュ&グレー

 

       

麻キャプリーヌパープル               ピンククロッシュバンタル

       

パナマ帽

 

マニッシュナチュラル