EXHIBITIONS

小沼寛 陶展 -浮遊するモノたち-

小沼寛(陶芸家) Konuma Hiroshi , Ceramic Artist

会期:2021年10月14日(木)~24日(日)
11時~18時半※休廊日:10月20日(水)※最終日24日(日)は17時迄。

作家在廊日:20日(木)・17日(日)・18日(月)・24日(日)

ちーこーぼ・本間さちこ 革のバッグと小物展(仮題)

ちーこーぼ・本間さちこ 

会期:20211月4日(木)~14日(日)11時~18時半

冬から新春への暮らし(仮題)グループ

・am 鈴木厚司(帆布バッグ)
・鈴木美紀(テキスタイル・布小物・服飾)
・森悠紀子(陶)

会期:12月2日(木)~12月13日(日)11時~18時半

日々の家での暮らしや外出が愉しくなる、陶器の器やバッグ、割烹着、布小物などが出品されます。


INSTAGRAM

ABOUT Mamica
-Est. November,2010-

『マミカ』は仙川にあるギャラリーとショップです。

日々の生活に彩りと愉しみをあたえる、現代のつくり手のうつわなどや様々なジャンルの作品を扱っております。武蔵野の面影が残る国分寺崖線の森の豊かな自然と隣接した閑静な住宅街の一角にある店舗では、企画展などで作家の作品をご提案しております。

店名の『Mámica-マミカ-』は、私の名前「Mami-マミ-」と、スペイン語の「Cerámica -セラミカ-」(陶器)に由来しています。そこには「私(マミ)が選んだ陶器」という意味が込められています。

マミカのロゴマークは、スペインの画家ミロのサインからヒントを得たものです。枠にとらわれない自由な発想。繊細でありながらも、個性と内に秘めたエネルギーを感じる、そんなアートを扱っていきたいという思いも込められています。

マミカならではの発想で、人に感動を与えられるアートを発信していければと思っています。

ギャラリーマミカ店主
松岡真美

Mámica is a gallery and shop in Sengawa, Tokyo. Here you will discover the works of Japanese contemporary artists through ceramic tableware and other forms of art that add color and joy to our daily lives.


Our gallery is situated in a quiet residential area adjacent to the forests of Kokubunji Cliff Line where one can still imagine the bygone wilderness of Musashino. Regularly, we host special exhibits to introduce the works of artisans.


Mámica takes its name from blending my name Mami with the Spanish word cerámica (ceramics) - in other words, ceramic creations handpicked by Mami.


Mámica’s logo was inspired by the Spanish painter Joan Miró’s signature. It also represents my wish to cherish art that is free spirited without being bound by convention, delicate yet full of inner energy and one of a kind.


With ideas that are uniquely Mámica, we hope to touch the hearts of many by the art we present.

Best regards,
Mami Matsuoka
owner, Galería Mámica

About Maimca -Est. November 2010-

Topics

2021.7.24
10月企画展「小沼寛陶展-浮遊するモノたち」画像と情報を更新しました。
2021.7.23
夏のアプローチの名物、ピラミッド紫陽花が咲いております。7月は31日土曜まで。8月は20日より。
2021.7.17
しずく糸高橋静子さんの柿渋染め帆布バッグ二点と、すずきみき③のインディゴと天日干しリネン割烹着が入荷しています。