ARTIST

FU-SA GENBAGEN - fashion

山田 FU-SA  - 服飾作家・アーティスト

東京、下町生まれ。
ドレスメーカー学院デザイナー科卒業後、アパレルや広告などの企業に席を置いた後独立。
20年以上前に鎌倉、大町にギャラリー・ショップ兼アトリエを開く。
「GENBAGEN」は彼女が展開する服のブランドでもありショップ&ギャラリー名でもある。
デザイン、パターン、布選び、裁断、縫製、すべてを一人で行い、独自のオンリーワンの服を制作し続け45年以上。

デザイナーでもあり、独自の表現を発信するアーティストでもある。
ユニークな布遣い、独特なライン、パターン、フォルム、切り替え、ステッチ、、、。
思わぬところに新鮮な驚きがあり、ベテランデザイナーのものづくりの精神と経験がいたるところに活かされた、意外性のある自由で着心地の良い服、実用性と遊び心に満ちたコモノたち。

   

2015年 FU-SAの服と:::展

 

「昨日の自分から又一歩。常に原状に満足しない、反抗的精神」

FU-SAさんと話をしていると、現代アートの信念のようなものを感じます。

「ゲンバゲン」は彼女の頭に突然浮かんだ言葉「現場幻」が語源。

「うつつと幻がクロスする場」との意味が込められています。

鎌倉大町にあるあアトリエとSHOP「GENBAGEN」に一歩足を踏み入れると、そこにはいたるところに創意工夫があり、人間工学的モノづくりスピリッツにあふれています。

 

 

 

                

 

 

 

 

 

       

服のみならず、コモノも充実。なべつかみ、くつした、アクセサリー、バッグ。隅々までFU-SAの感性。

 

 

                                                                 

 

 

2015年 FU-SAの服と:::展 展示の様子